獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-210

2つの犬の皮膚病について
投稿日 2006年7月21日(金)09時42分 投稿者 けりーずはうす

アン子さん
皮膚病については、実際に目で見てみないことには診断はつかないものです。
診断が付いていて、これこれこういう薬は正しいの?という質問には何とか答えれれますが
その皮膚の状態をみているものが診断を下せないのであれば、見ていないものはなおさらですよね。

やはり、皮膚病専門の獣医師か、大学病院に紹介頂いてはいかがでしょうか。
また、主治医を通して行かれるのでなければ、処方された薬の名前などお聞きになっておかれたほうが
二次診察をするものには診断の助けになります。

不安人さん
脂漏症は確かに、アレルギー性で出ることが多いですね。
ステロイドの副作用は怖いものです。でも、使い方を良く知った獣医師に任せればアレルギー性の痒みには
劇的に効果のあるよいお薬です。
この使い方は、それぞれの症状によって変えていきます。

1日中舐めているのであれば、犬も眠れないなどストレスもあるでしょう。早めに痒みをひかしてあげたいですね。

主治医の先生にもう一度ステロイドについてご相談なさってはいかがでしょうか。

また、ステロイド以外にも、アレルギー疾患を抑える薬が最近発売になりました。
少々高価ではありますし、効果もマチマチではあるようですが、選択肢の一つではあるでしょう。

大学病院などのセカンドオピニオンも考慮に入れてはいかがでしょうか。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。