獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-227

Re:犬の避妊手術について
投稿日 2006年7月23日(日)08時26分 投稿者 ムクムク@管理人

Re:犬の避妊手術について

かはらさんへ

 避妊手術は大抵卵巣と子宮を摘出します。
 このことによって望まない妊娠出産を予防します。
 子宮と卵巣が無くなりますので、更年期に起こりやすい子宮と卵巣の
 病気発生の可能性は無くなります。
 このことはよく知られている事実です。
 では、避妊の必要はないが、病気の予防のために手術を受けるかどうかですが、
 私はかはらさんの先生と同じく受ける必要がないと思います。
 避妊手術は避妊のための手術です。 二次的にある種の病気の予防になります。
 あくまでも二次的です。
 では、病気予防のために臓器摘出すべきか。
 先日、ダイエーの王監督が胃ガンのために胃の全摘を行いましたが、
 癌になっていないのに胃を予防のために全摘する人はいません。
 出産する予定がなくなったので卵巣子宮乳房を摘出する人はいません。
 つまり、人においては病気予防のために臓器摘出は行われていません。
 避妊手術は避妊の必要があるのならお薦めしますが、病気予防のためなら
 私もお薦めしません。
 病気は全ての臓器で可能性がありますし、卵巣子宮に限って言えば診断
 治療は他の臓器に比較して容易です。
 特に卵巣子宮を事前に取り出しておくメリットは、私はないと考えます。
 避妊手術は避妊を望む飼い主さんにはとても有用ですが。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。