獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-279

Re 悩んでいます。
投稿日 2006年7月25日(火)21時55分 投稿者 けりーずはうす

>野良ちゃんとはいえ、堕胎するのは心苦しい・・・ 猫ちゃんの負担はどんなもんだろう・・・ でも生ませてあげても家では飼ってあげられない・・・

犬、猫の場合は「堕胎」というのはなく、妊娠した子宮ごと切除する「避妊手術」ということになります。
これにも抵抗感があるのであればやはり子供を産んで、離乳もした後避妊するということになりますね。
また、体に対する負担は・・・というと、例えばまだ妊娠して日も浅く、お腹も膨れていない状態での手術はさほど大きな負担はないのですが
逆に出産間近での手術は、前述よりは負担は大きくなります。
また、出産そのものは猫は大変に安産な動物ですので、危険はないのですが、問題はまだ馴れていない環境での子育てや
同居猫の存在を母猫がどう感じるかでありましょう。

完全に隔離できるような環境であれば、安心して子供を産み、育てられるでしょうが、特にオス猫が傍に居る場合
母猫は大変に神経質になるものです。

以上を参考になさって今後のことをお考えになるといいでしょうね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。