獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-31

ペットロスとインフォームドコンセント
投稿日 2006年7月3日(月)10時58分 投稿者 ムクムク

離婚理由の中にペットの死亡があるくらいですから、ペットロスは社会問題と
言ってもいいと思います。
先日、ウイルス性の胃腸炎で激しい嘔吐・下痢の飼い主さんに死亡する可能性が
ある病気であることを説明したら、その足で他の病院に行かれました。
インフォームドコンセントを冷静に受け止められる飼い主とそうでない飼い主さん
がいらっしゃいます。
そして、インフォームドコンセントを受けていても、都合のいい言葉だけ記憶回路
に残される方もいらっしゃいます。
インフォームドコンセントは言葉だけ先行していて、まだ日本社会にはなじんで
いないのかもしれません。
最近の判例では死亡したことに過失が無くても、事前に危険を説明していなかった
ことを理由に医師の責任が問われています。
テレビのヒーローは「僕がなおします」と言い切ることがありますが、実際は
「僕がなおしますが、これこれの危険はありますよ」と説明が必用です。
相手は生物です。 まして、今腹が痛いのか、頭痛があるのか、気分が悪いのか
知ることが出来ない動物。
ある意味では人間よりも治療に意思疎通のハードルがあると言えるかもしれません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。