獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-53

Re.ALP3500
投稿日 2006年7月6日(木)08時45分 投稿者 けりーずはうす

ALPの検査意義について調べますと
肝臓や、肝汁の通り道である胆道の異常の原因や種類を見分けるのに有効です。アルカリフォスファターゼ(ALP)はリン酸化合物を分解する働きを持つ酵素で、肝臓や小腸、腎臓、骨などの多くの臓器や器官に存在しています。これらの組織に異常があるとALPが血液のなかに漏れ出てくるわけです。
 この場合も、AST、ALTをはじめ、他の肝機能検査の結果をもとに、肝臓に異常があるか、、それとも胆道に異常があるのかを診断します。また、ALPの分布を調べて、どこに異常があるかを調べる検査もあり、ALPのアイソザイムと呼ばれます。
とあります。
肝臓のエコー検査などで肝臓、胆のうに異常がないようであれば、骨の異常を疑った方がいいかもしれないということです。
主治医の先生の頭越しに、診察をしていない者が何かを述べるのはよろしくないのですが
もしもエコー検査をしていないもしくは検査機械をお持ちでないようでしたら、肝臓の精査をしてもらいたいと
大学病院などを紹介してもらうのもいいかもしれませんね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。