獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200607-70

Re かいせんについて質問です。
投稿日 2006年7月7日(金)21時46分 投稿者 けりーずはうす

耳とありますので、ミミカイセンでよろしいでしょうか。皮膚のカイセンもありますが。
ミミカイセンで話をしていきますね。
犬か猫で多少治療に違いが生じてきます。

治療費はやはり個々の病院によって設定が違うので、私の例を挙げても参考にはなりませんので、省きますね。

治療法ですが、当院で行なっているのは、耳に直接カイセンの治療薬を入れることを2回行ないます。
2回目は1回目と2週間間隔を明け、耳掃除を行なってから入れます。
これで終了です。

別の方法として、外出する猫など再感染の可能性のある場合は、「レボリューション」という滴下剤(ノミの予防薬と併用です)を
処方することもあります。
これは耳に入れるのではなく、首筋に滴下すれば、耳の中のミミカイセンもいなくなるというものです。
しかし、これは猫と小型犬(2.5kg)までしか販売されていません。

また、注射を2回行なって治療する方法もあります。

いずれの方法で治療をするのかは、病院によって違うでしょうね。
上記にもあるように、どうやってミミカイセンがうつってきたのかによっても違ってくるかもしれません。

また、治療が済んでいない状態での耳掃除は、お止めになられた方がいいでしょう。
耳の中は、場合によっては酷い外耳炎を起こしているためと、その黒い耳垢の中にはミミカイセンの
卵がたくさん含まれていて、結局それを床に落としてしまう結果になるからです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。