獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200611-113

マルチレス
投稿日 2006年11月16日(木)11時50分 投稿者 プロキオン

11月15日の あなくまさん「ハタケシメジの効能について」
私は、ハタケシメジについては勉強してきてもおりませんし、コメントする立場にありま
せん。この点については、他の先生方も同じではないかと思います。
興味をもって研究されている方でないと知見がないと考えるべきでしょう。そして、残念
ながら、そのような場合ですと、プラス面での強調ばかりとなりがちで、本当に欲しいマ
イナス面での評価が欠落していることが多いようです。
医学も科学も本当に役立てたいという意思があるのであれば、冷静かつ公平な評価が実施
されなくてはなりません。宣伝販売が先行される商品には、すぐには飛びつかない方が賢
明と考えています。医薬品についても同様の姿勢でいます。

なお、現在診療中の動物の場合は、サプリメントを服用させているのであれば、必ず獣医
師に申告してください。治療に影響する場合もありますので。

11月15日の ようさん「お願いいたします! 教えて下さい!!」
動物看護師さんに興味があるようであれば、質問先は「看護師掲示板」の方が適当かと
思います。
ただ、看護師さんにしても、学校へ行った方、動物病院で働きながら直接各種団体の試
験を受けてという方、資格なしで働いている方、通信教育を受けてという方、さまざま
な立場あります。
質問がどこの通信教育を受けたらとありますが、この「どこの」という場合、みなさん
あちこちいくつも受けているということはないと思うのです。ということであれば、自
分の受けたものしか分かりようがないということになりそうです。
いろいろ比較してどこがよいかということだと返事はしにくいということになるかもし
れません。また、掲示板では直接のお勧めは宣伝行為と受け取られかねませんので、具
体名はメールでのやりとりをお願いしたいところです。
看護師掲示板URL
http://www.vets.ne.jp/bbs/classic_c_7000.cgi

11月15日の さんごママさん「犬歯が割れてしまいました」
これは実際に拝見して、程度を確認してみないとコメントするべきではないでしょう。
主治医の先生の提示された3つ案のどれが妥当であるかは判断できません。飼い主であ
るさんごママさんが決めるしかないでしょうね。
肝臓が悪いとのことですが、あるガス麻酔薬であれば、代謝排泄のほとんどが呼吸器官
に依存していますので、肝臓の負担になるとも思えません。また、他の麻酔ガスにして
も、注射麻酔にしても肝臓の負担になる程の深い麻酔が必要とも思えませんが。


11月16日の カトウさん「続く嘔吐」
腎不全以外に原因はとありますが、18歳であれば、多少なりとも腎臓に衰えがあって
も不思議ではないでしょう。これは血液検査数値に異常値が出ていなくてもです。
水の飲水量が異常と感じる程増えているのであれば、血液からだけでなく、尿の量や比
重の方面からも尿検査を実施してもよいかもしれません。
その上での「胃炎」「毛球」の心配ということになると思います。嘔吐そのものは、非
特異的な症状ですから、それだけで特定の疾病と結びつけることはできませんし、腎不
全以外にも原因となる疾病はいくつかあります。その先へ進むためには各々の検査をし
ていくしかないと思います。
今、受診している先生では、「胃炎」で止まっているので、先へ進まないということな
のですよね…。そういう場合というのは、他の獣医師が言及することはできないのです
よ。飼い主さんが自分の意向をよく伝えるしかないんです。

11月16日の しし丸さん「夜中のくしゃみと…」
動物は生き物ですから、実際に診察しない「ネット診断」や「紙上診断」があってはい
けないと思うのです。
ただのクシャミなのか、病気にかかわるクシャミなのか、判断できる材料を提示できな
いでしょう。まずは、動物病院を受診することが第一です。たとえ、病気であっても、
コンピューターのそっちとこっちでは、何もしてあげられないのですよ。




◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。