獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200611-171

もこねこさんへ
投稿日 2006年11月28日(火)23時12分 投稿者 けりーずはうす

返信遅れてごめんなさい。

主治医がいらっしゃる以上は、実際に診察をしていない者がそこの権限を侵すことはやはりルール上やってはならないことと
認識しております。ご理解ください。

何とかしたい、という気持ちは理解できるのですが、踏み込んだアドバイスは難しいです。

しかし過去のものを振り返っても見てみましたが、繰り返される39度代の熱が気になるのですが
こういった場合は猫の場合様々な伝染病も視野に入れて検査をしてみるべきことだと思います。
例えば、FIV,FeLV,FIP,トキソプラズマが挙がると思うのですがもうお調べにはなっていますか?

そこのあたりも調べてみた方がいいかもしれませんよ。
(でも、この助言も十分権限をはみ出しています。)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。