獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200611-79

プロキオン様へ
投稿日 2006年11月12日(日)14時07分 投稿者 アロマ

お返事ありがとうございました。

私は今は両親と離れて暮らしている為聞いた話でしかないのですが。。。

>この腫瘍というのは、確定診断がついていたのですか、その正体によって、治療の方針
>が左右されますので、その点はとても大切なことです。
>また、手術しない方がよいとは、誰の意見なのでしょうか? 診断された先生の意見な
>のでしょうか。

今年の春最初に腫瘍ができた時病院に連れて行ったところ、悪性か良性かの診断を
するのにも切ってみなければ分からず、そうなると出血等で高齢の為体がもたず
命の危険がある為、このまま飲み薬(腫瘍が大きくなるのを抑制する働きがある)を与えて
様子を見るしかないと言われました。手術に関してももちろんしない方がよいと。
その後は病院に連れて行く必要もないと言われ、親が薬のみを時々もらいに
行っていました。
腫瘍が大きくなるのを食い止めることはできず、それでもエサも良く食べますし
よく動きまわり最近は特に元気で調子が良かったそうです。
亡くなった当日の朝もかなり元気な様子だったので、腫瘍から出ている塊を
診てもらえないかと、病院から特に指示はなかったのですが久しぶりに連れて行ったところ
このようなことになってしまいました。

>かってに除去されてと記載されていましたが、連れて行ったご両親とアロマさんとの間
>では、どこまで話あわれていましたか? 上の部分を読むと、ご両親の話から摘出へと
>話が進んだとも受け取ることもできますが、その点はどうでしょう。
>腫瘍からの出血を止めるには、腫瘍を形成している細胞塊が崩れてしまうことがあるの
>で、直接腫瘍に血液を供給している血管を探し出して、それを結んでしまわないとなり
>ません。これがキチンとできていれば、そのまま切除してしまうことの方が話が早いと
>いうことにもなります。

親の素人考えでその塊が動きまわる時に邪魔そうなのでお湯か何かで拭いて取れるならば
取ってもらいたいくらいの気持ちでした。
病院でそれを伝えたところ別の処置室に連れて行かれ、かなり長い時間待たされた後
処置室から出てきた時にはかなり大きかった腫瘍まで全て除去されており、衰弱し目を
つむりうずくまっていたそうです。
病院の話では手術前は塊に血管が通っていると思わなかったのだが(塊の中は中身がなく
空っぽだった為)、切ってみたところ腫瘍とつながっていた為腫瘍を除去せざるを
えなかったとのことでした。
プロキオン様のご説明を読ませていただいて、確かに腫瘍を摘出しなければならない状況
だったのかもしれないと思いますが、そういった事態になり得るという事前の説明が何も
なく、承諾書ももちろん書くこともなかったので、こちらとしても一言説明が欲しかったと
思っています。
血の塊もその時点で出血していたわけではないので、そんな危険があるならば
そのままにしておいた方が良かったのではないかと思ったりします。

>術後の保温や経過観察についての指導はなかったということになるのでしょうか? でき
>れば、この点は手術した病院が管理する方が望ましかったように思います。

保温はするように言われましたが、術後起こりえる事態について何も説明がなかった
そうです。術後すぐかなり衰弱した様子だったそうですが、いずれ元気になるでしょうと
言われたそうです。そんな衰弱した状態のまますぐに連れて帰っても良かったのでしょうか。
状態が落ち着くまで入院する等の処置をしてもらっていればまた違ったのではないかと
思えてなりません。
親も病院に言われるまますぐ連れ帰ったのですが、その1時間後くらいに亡くなって
しまったので、私が一緒に病院に行っていれば色々と質問をしたりできたのに、悔しくて
なりません。

>麻酔はおそらくガス麻酔ではないかと思いますが、これに耐えられないのであれば、最
>初から手術は適応ではありません。無麻酔で、処置するのであれば、クライオサージャ
>リーというような凍結処置が必要です。まあ、これとて、なんでもかんでもというわけ
>には行きませんが。

麻酔後は上述のようにぐったりするものなのでしょうか。亡くなってしまった今更
もうどうしようもないのですが、最後をこのようなかわいそうな形で迎えてしまったこと
が悔やまれてなりません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。