獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-1

Re:粘血便の原因
投稿日 2007年9月1日(土)10時49分 投稿者 チーママ

まだ見ていらっしゃるでしょうか? 
犬飼いでも獣医さんでもありませんが、お返事がつかないようなので。

繰り返すどす赤い便というのは、様子を見るべきではないと思います。
人間であれば、真っ先にガンを疑いませんか?
実際には腸の炎症による出血が多いとは思いますが、出血するほどの腸炎を繰り返すという事は、根本的に何かがある可能性もありますので、獣医さんに見ていただく必要があるでしょう。
肛門や直腸付近の出血なら便は鮮血に近い色をしていますし、便の表面についていると言う感じだと思います。
便の色自体が黒っぽい時はそれより内部の出血で、便が形成される時に混入するので、時間がたって血液が変色する為だと解釈しています。それ以外に便の色が変わるのは、人間で考えると肝臓やすい臓の病気の時もありますので、ワンちゃんでもあるかもしれませんね。そうであれば、投薬以外にも食餌療法が必要な事もあります。
「冷え」とおっしゃるのは、東洋医学的「冷え」ではなく、単にお腹を冷やして急性腸炎を起こしたのではないかと言うお考えかと思いますが、いずれにせよ年齢的にもなるべく体調を崩さないことが、長生きの秘訣かと思います。
どうか様子を見ずに、獣医さんにご相談くださいね。
出来れば状態が悪い時の便をお持ちになると良いのですが、次を待たずに受診された方が良い気がいたします。
どうぞお大事になさってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。