獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-107

Re:Re:Re:猫の薬
投稿日 2007年9月16日(日)13時07分 投稿者 プロキオン

LODEMさん
「私は原因・可能性を調べて獣医にこれ以上クレームをするつもりも無く、あまりにも突然すぎてこのままでは腑に落ちないため何が誘発要因なのか知りたいだけです。」



私も獣医師にクレームをつけるための相談であれば、何も答えようがありません。

現場にいなかったし、患者も診察していない者に尋ねられても、どうにも適切な回答ができるはずがないのです。
つまり、答えが返ってくるはずのない方向への質問でしたので、質問する相手は診察した獣医師ですよということをレスしただけのことです。

よくこのような質問にレスをしても獣医師同士で庇いあっているとか言われてしまうのですが、顔も名前も知らない相手を庇わなくてはならないほども義理はありません。
LODEMさんが気にしておられるドプラム(日本での製品名)にしても、呼吸促進剤ですので、呼吸状態の悪かった猫に対しての投与とすれば、クレームはつけようがないでしょう。ですが、投与量・経路・スピード等猫の状態と併せて完璧なものであったかどうかとなるとこれは誰にもわかりません。他の薬剤についても同様のことが言えます。
だからこそ、当事者以外の獣医師はコメントできなくなるのです。多少の医学的な知識や薬についての知見があったとしても、それで全てを理解できるはずもなく、その時、その場所で何があったのかを正しく把握していなければ、自分自身が的外れの意見を述べていることになりかねないのです。ですから、無口になるのです。
無責任でよいというのであれば、ネットは匿名ですから、当て推量や大雑把な想像は可能です。ただ、それがさらに大きな混乱を招くことはやはり避けたいとは考えます。

LODEMさんが知りたいとしておられることの回答を私は知りませんし、獣医師にクレームをつけろなどと言う気も端からありません。無責任な発言にならないようにと思いますし、まして煽る気もありません。
このことは別段LODEMさんだけに申し上げているわけではありません。この掲示板にもよく動物病院におけるトラブルの相談というか、質問がなんどもありました。おそらく、これからもあると思います。
獣医師を庇う気もありませんし、投稿者の方を応援する気の双方がないのです。両者の言い分や説明を聞く機会がないのですから、片方の陣営に組するだけの理由がないのです。
だったら、黙っていろというのがお気持ちということになるかと思いますが、掲示板においては「無視」という形になってしまいます。ですから、話は聞いていますよという意味でのレスをしているといことになります。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。