獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-132

診断とお薬について
投稿日 2007年9月19日(水)23時01分 投稿者 こじろう

以前から猫の慢性副鼻腔炎で治療中で、今日も病院に行ったのですが、主治医が不在で別の医師に診てもらいました。しかし、その先生は副鼻腔炎で片方の目や鼻だけから目やに鼻水が出るのはありえない、感染症だから目薬と抗生剤をしっかりしていれば治るから、と言われました。そして、出されたお薬は、副鼻腔炎の治療の過程で出されたものと同じ目薬と抗生剤でした。そのお薬は、その時は効きませんでしたので、別のお薬に変わりました。まだ残っていたので、抗生剤を見比べてみたら、今日出された抗生剤は以前の倍くらいの量がありました。お薬の量というのは体重で決まるものではないのでしょうか?同じ病院の先生なのに違う診断をされて戸惑ってしまい、なかなか突っ込んだ質問が出来ませんでした。本で副鼻腔炎を調べましたが、両目両鼻がなるのか、ということは書いてありませんでした。どうなのでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。