獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-167

Re:ペット可賃貸の契約内容
投稿日 2007年9月28日(金)00時24分 投稿者 ぴーぽ

学生時代にペット可のマンションに入居して猫を飼っていました。
マンションを購入した人が自分は住まずに、不動産屋を通して賃貸に出している形式
のものでした。本来はペット不可だったのですが、そういう個人所有物件だったこと
もあって、不動産屋が家主と交渉してくれて猫を飼ってもいいことになりました。親
切な不動産屋さんで、本当に良くしてくれました。
爪を切る等の飼い方の誓約書も書きました。敷金は通常より一か月分多かったように
思います。退出時には、内装費用等で敷金は返らないことが多いという説明もうけま
した。不足分は別途支払うようなことも書いてあったと思います。
あなたの交わした契約とほぼ同じだったように記憶しています。
5年住んで、出るときには、親切でいろいろ面倒を見てくれた入居時にお世話になっ
た不動産屋の人は辞めていなくなっており、代わりの人は入居時の状態を知らないの
で、非常に形式的で、前からあった傷もいちいち見て「あんたが付けたの?」みたい
な感じでした・・。
幸い、友人からのアドバイスで入居時に部屋の写真を隅々撮っておいたので、前から
の傷に関しては不問になりましたが、自分がつけた傷の修理分と、畳替え、壁紙張替
え、清掃代は払わされました。領収書と明細を見たら、敷金に合わせたようにぴった
りの金額になっていて一円も戻ってきませんでした。
敷金が戻ってこないのは、いまや当たり前のことのようです。しかし、不足分を支払
わされる恐れがある契約内容なら、良く話を詰めた方が良いです。
悪く解釈すれば、いくらでも上限なく言い値を支払わされることにもなりかねません。
仲介業者の担当者との口約束は一切当てになりません。担当者はすぐ変わるからです。
直接管理会社に聞いてみることもよいのではないですか?
既に入居している人に聞くのも手です。
もうこの物件しかない!と思い込んで、詰めを甘くすると後で痛い思いをするのが不
動産トラブルの常です・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。