獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-190

Re:安楽死についての質問です。
投稿日 2007年9月30日(日)10時10分 投稿者 プロキオン

>安楽死の場合は安らかに穏やかに逝かせてあげられるのがほとんどなのでしょうか?それとも違う場合もあるのでしょうか?

これは、そうであって欲しいという希望のようなものですね。
動物の状態や病気のステージ、獣医師のとる手順で変わってきます。どのような動物でも常に同じ結果ということではありません。他の病気や手術と同じ事です。ひとつの手順や方程式ですべてがオールマイティということではありません。


厳しい言い方になりますが、飼い主が腹を括ってやったことであれば、後になってからあれこれ悔やむことはおかしいです。
実施してしまってから、安楽死はどういうものなのかと尋ねられても、それは困ります。
調べたり、尋ねたりは実施する前にこそ必要なことです。
所謂安楽死を理解していないまま実施したのであれば、対象となった犬がかわいそうです。飼い主が「楽」になるためではなく、あくまでも動物のために実施するものであって欲しいというのが、私の願いです。
同じ質問は、この間もありましたね。

いずれであったにせよ、事が済んでしまってからであれば、冥福を祈って手を合わせるぐらいのことしかできません。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。