獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-54

Re:猫の風邪について
投稿日 2007年9月8日(土)13時59分 投稿者 プロキオン

おそらく、「副鼻腔炎」を慢性化させてしまっているということではないでしょうか。
この部位はなかなか薬剤の到達しにくい場所ですから、治療効果は簡単にはでません。
半年くらいの経過をとることもありますので、根気よく治療を継続していくことが肝要です。
また、細菌分離ですが、分離できないことが「いない」ではありません。このような場合ですと、鼻汁ではなく、鼻汁を分泌している粘膜を掻きとって培養する必要があります。鼻汁は、細菌にとっても居心地がよい場所ではありません。
火事の炎を見ようとすれば、焼け跡を捜しても仕方ありません、今、燃えているところ、燃える材料のあるところ、すなわち炎症の部位を検査材料としなくてはなりません。

また、難治性であれば、白血病や猫免疫不全症候群のチェックもかかせませんね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。