獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200709-97

猫の薬
投稿日 2007年9月15日(土)04時25分 投稿者 LODEM

7歳になるペットの猫が亡くなりました。
獣医にいってX線写真を撮る前後に、Dopram 1mL、Frecadyl 1mL、Prednisolon 1mLを注射。その後呼吸が荒くなり15分もしないうちになくなりました。
3週間ぐらい前に、お腹が急に膨れたようになり、急に呼吸困難になって、その日は一度嘔吐し、便がでて楽になったのか、翌日病院にいって毛玉をはかせる薬をもらい2-3日でほぼ回復しました。
そして、昨日夕方10時ぐらいまでは問題なかったのですが、夜いつものキャットフードを自分で食べ、水を飲んだぐらいからおとなしくなりました。それでも夜は私のベットの足元に来たりしていましたが、朝会社に出るころからあまり動かなくなり、日中もあまりよくなく夕方に家内が獣医に連れて行きました。
X線をとるまでは確かに3週間前のように呼吸が荒かったのですが、X線を撮った際立ち会えなかったのですが、その前後で先に記載した3種類の薬を打ったとの事でした。
その中でDopramというのが気になっています。呼吸の状態がよくないときに、これを打つと興奮状態になり呼吸困難の危険があるようなインターネット上での記述も見ました。
ただ、猫への投与に言及したものではないようでいまひとつ薬害の可能性があるのか否かわかりません。
わかったところでなくなった猫が生き返るわけではないのですが、あまりにも急でX線をとってもお腹の張りがなぜかわからないの一点張り。獣医の診断もまったく納得できないものです。
何かわかる方が要れば教えてください。
ちなみに私はドイツのディュッセルドルフ在住で、獣医もドイツ人です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。