獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200810-79

Re:ジャーマン・シェパードの遺伝性疾患について
投稿日 2008年10月19日(日)16時01分 投稿者 だぬどん

おそらく、「肛門周囲瘻」(こうもんしゅういろう)のことだと思います。
ジャーマン・シェパードでとくに有名な病気です。
(もし違ってたら以下は無視してください)
「肛門周囲瘻」の原因はまだよくわかっていません。
生まれ持った「体質」が関与しているのはまちがいないので、
広い意味では「遺伝」が関与しています。
が、狭い意味でのいわゆる「遺伝病」ではないと思います。
即安楽死かというと、少なくとも日本ではそういうことは少なく、
運が良ければ内科療法でけっこう維持ができます。
が、治療への反応が悪い子、手術が必要になり、さらにその後も経過が良くない子は、
最終的に安楽死になることも多いです。
厄介な病気ではあります。
おたくのお子さんの場合も、長期の内科療法に加え、
複数回の手術も試みた上での決断ですので、
やむを得なかったのではないかと推測します。

なお、ペットショップの問題ですが、明らかにおかしい子を「健康です」と
ウソを言って販売した場合は、罰せられる場合があります。
ただ、この病気のように、明らかな遺伝病かどうかもわからず、
なおかつ販売後数年たってからしか発症しない病気に関しては、
ペットショップレベルでは、なかなかなんともしがたいと思います。
一部の遺伝病については、大学の先生などが中心となり、
検査をして因子を持っている子を繁殖に使わない、という方法で
病気そのものをなくそうという試みも行われています。
が、なかなか簡単ではないようですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。