獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200905-4

猫が突然怯えてしまいました
投稿日 2009年5月3日(日)10時58分 投稿者 こわがり猫

ミックスの猫 雌 12才9カ月 不妊手術済み もともと怖がりの性格です。
4月26日(日)午後2時間ほど外出しました。その時猫はリビングの出窓で日向ぼっこをして寝ていました。
私が帰ったときも同じ場所にいましたが、部屋のドアを開けたら急に威嚇して逃げていってしまいました。
その日は風がとても強く、少し開けて行った小窓のカーテンがかなり揺れていたのが怖かったのか、それとも留守の間になにか怖いことがあったのか、原因はよくわかりません。
その日以来、その時にいたリビングとなぜか猫の部屋へまったく行かなくなってしまいました。
いつも隠れ場所にしていたところにいることが多く、いつも怯えているような感じです。
ごはんはその部屋にもっていくと食べるのですが、
とにかく困っているのがトイレです。トイレは猫の部屋にあるのですが、その部屋に入らないのです。今いつもいる部屋にトイレを置いてみましたがまったく入らないというか、トイレと認識していないようです。(トイレの砂は使っていた匂いのついているものを入れました)。今までトイレがあった場所もそのままにしてあります。
以前からほかの場所でもトイレができるようにと思い、2〜3個トイレを置いてみたことがあるのですが、決まった場所のトイレしか入りませんでした。
なぜか庭にはとても出たがります。(たまにリードをつけて庭で遊んでいました)庭に出してやるといきいきとして遊んだり、寝転んだりして トイレも庭でします。
体は触ってもどこもいやがらないし、家族に威嚇したりはしません。なでるとゴロゴロといったりもします。動物病院で体を検査してもらったほうがいいとは思いますが、もともと病院へいくととても怯える子なので、これ以上怯えるのが怖くて連れていかれません。
今対策としては、猫のフェイシャルホルモン類縁化合物を拡散器でコンセントにさしているもの(火曜日より使用)と、フラワーパッチレメディ(きのう土曜日より使用)を試しています。
どう対処していったらいいかアドバイスをいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。