獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200910-16

Re:子猫の探し方
投稿日 2009年10月9日(金)11時03分 投稿者 プロキオン

私は、その子猫のこと急いで保護しようとしないでよいと思いますよ。むしろ、時間をかけていかないとならないと思います。

たぶん、野良猫の子供なのではないでしょうか? 親から警戒することを教えてもらっている子猫であれば、自分に近づいてくる大きなものからは身を隠すことを学んでいるはずです。叢で子猫の鳴き声がするのにそばまで行ってみると鳴き声が止んでしまうとか、こちらの姿をみたら、一目散に逃げていってしまうというのは、そのようなパターンです。
母猫がここでおとなしく待っているようにと言いくるめているのでしょうが、子猫にしてみれば不安でジッと待っていることができなくなってしまい、母猫を呼びながら出てきてしまっているのです。自分に近づく大きな生き物の姿をみて、慌てて逃げ隠れしているわけですから、これを追い掛け回すというのは、むしろ恐い思いをさせるだけです。
なにもしかけてこない存在、恐くない存在として認知されれば、子猫も好奇心が強い動物ですから、子猫の方から近づいてくるようになります。

最初から近づいてくる子猫なら良いですが、こちらの姿をみて逃げる子猫なら、無理強いは禁物です。餌のことは母猫が面倒見ているはずですから、時間をかけて恐がらせないように接近を図った方がよいように思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。