獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200911-29

ボストンテリアの手術について
投稿日 2009年11月16日(月)12時09分 投稿者 F

はじめまして、ボストンテリアを飼育しているものです。


アドバイスをいただきたく書き込みします。




現在生後4か月のボストンテリアがおります。鼻ペチャの種類にはよくあることですが、うちの子もほとんど鳴かず、息も苦しそうにしています。そのため、動物病院(札幌)で軟口蓋過長と鼻孔形成の手術をしてもらおうと思い、先週受診をしました。





手術前の検査が終わり、いざ手術となったのですが、病院の先生から『この子は気道が狭すぎて気道に呼吸用のチューブが入れられないから(挿管?できない)、手術はできません』と言われて、麻酔だけかけて手術は中止になってしましました。





今後、この子のことを考えると手術して、呼吸を楽にしてあげたいと思っているのですが・・・。





そこで質問なんですが、このような気道の狭い犬は手術は今後できないのでしょうか?4か月とまだ小さく、これから成長するにつれて相対的に気道も大きくなるのでは?と素人ながらに希望をもっているのですが。





なにかアドバイスや鼻ペチャの子の手術をされた方の意見がございましたら、お願いいたします。手術は札幌で行いましたが、先週引っ越しまして、現在は横浜におります。





長くなってしまいましたが、どうかよろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。