獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200911-32

Re:ボストンテリアの手術について
投稿日 2009年11月17日(火)10時28分 投稿者 プロキオン

これは、他の先生に実際に診ていただいての判断が必要でしょう。

まず、気管チューブの大きさというのもいろいろありますが、猫でも手術する以上は、ボストンテリアに使用できるサイズがないということはないはずです。

問題は月齢ですよね、4ヶ月齢の今の時点で手術を実施しなくてはならないほど、急がれる理由( これはそれだけ重篤であって、今実施しなくては成長もおぼつかないということになるのでしょうか? )が妥当であるか否かという点です。
もう、1点が今後の成長を待っても気管支が既存のチューブを摘要できそうにないという判断になるのかという点です。
これらの点を踏まえた上で、手術が可能かどうかを判断することになりますので、診察の無いネットでの相談はまったく意味をなしません。何軒か動物病院を歩いていただいた方がよろしいでしょう。

なお、どうしても既存の気管チューブが摘要できないということであれば、気管チューブの代替品を使用することになると思います。ウサギ・モルモット・フェレット等の手術をなさる先生であれば、このような問題には当然直面されていますし、爬虫類の診療をなさる先生も然りです。ノウハウはお持ちでしょう。
また、フィラリアの吊り出し手術では、ガス麻酔に頼らずに、麻酔薬の微量点滴による手術も選択されます。

個人的には、気管チューブがあるとかないとかよりも、当該犬が手術できるだけの状態にあるのかの方が気にかかります。そちらの方がよほど重要ではないでしょうか。




◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。