獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200911-61

Re7:ミニパグについて
投稿日 2009年11月30日(月)16時36分 投稿者 りんママ

一飼い主ですが、ご投稿を拝見して

PRINCESSさんは、先に亡くされた子犬さんが、はじめて飼う犬だったのでしょうか?
また、パグという犬種についてどのくらい知識がありますか?
自分が育てる初めての犬であれば、飼育書通りには育ちませんが、知識は持って置いた方がよいです。
パグなどの鼻ぺちゃ犬種には育てる上で気をつけて置いた方がよい事柄などもあります。

お迎えになった子犬達が元々小さい事もご心配と思います。
地元で信頼が出来る獣医さんを見つけておかれること、昨年バリ島では狂犬病が発生をしましたので、ワクチン接種やフィラリア症予防なども必要になります。
でも、わんちゃんの一番の主治医は飼い主であるPRINCESSさんになります。
獣医さんは日本であっても海外であっても、神様ではありませんので診断すれば何でも判るという訳ではありません。日頃からの様子を見ている飼い主がイヌに変わって状況を説明をしなくては判らないのです。

雌雄のパグさんが同居しているのですから、半年もすれば性成熟をし、飼い主がいくら気をつけていたとしても自然の流れで妊娠出産の問題も出てきます。

イヌ掲示板の飼い主さんの投稿(過去発言)などからは、犬種が違えど飼育の悩みなどもありますし、勧め図書に掲載している愛犬専門誌などからは紹介している本以外にも、犬種別の飼育書も出ていますので、出版社のサイトもご参考になると思います。

誰でも最初から飼育のエキスパートではありませんし、何頭育てても同じように育つわけでもありません。私のやり方方法が上手く出来るということではありません。

犬の性格も飼い主や家庭環境を反映する事も多いですので心配しすぎて神経質になりすぎるは問題ですが、気にかけておくべき事は気にかけられる心の余裕には知識も必要だと思います。

迎えたばかりの子犬を亡くされ、今の子の健康状態は気持ち的にも不安な時期とは思いますが、お迎えをされた子犬たちとの生活が少しずつ落ち着かれ健やかで楽しいものになりますよう願っております。

イヌ掲示板
http://www.vets.ne.jp/bbs/classic_c_1100.cgi

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。