獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200912-1

Re9:ミニパグについて
投稿日 2009年12月1日(火)03時22分 投稿者 パールちゃん

粒マスタードうんちで安心しました。粒々に見えるものは消化しきれなかった乳脂肪です。ミルクを飲んでいる時期の仔犬はそういううんちが普通ですから、おなかの調子はよさそうですね。

鼻水のお薬として処方されたものが抗生物質だとしたら、このあと何日かしたらそのお薬の影響でうんちがちょっとゆるくなるかもしれません。抗生物質は腸の活動を助けるいい菌も減らしてしまうので。うんちがゆるくなったり水っぽくなったりすることがあります。そうなったら、プレーンヨーグルトを小さじ1杯ほど舐めさせたり、人間の乳児にもOKな乳酸菌系の整腸剤(ビオフェルミンなど)を粉状にして耳かき1杯ほどミルクに混ぜたりしておなかを整えてあげてください。

ミルクを犬用に変える際にはいきなり変えず、今までの人間用ミルクに最初は2割ほど犬用ミルクを加える、翌々日には犬用ミルクと人用ミルクを半々の割合にする、また翌々日には犬用を8割ほどにする、そしてうんちが問題なければ完全に犬用ミルクにするというふうにじょじょに犬用ミルクにおなかを慣れさせてください。

本来なら離乳期に入る頃合ですが、栄養失調気味なので離乳はあせらず犬用ミルクをあと1ヶ月は与え続けたほうがいいと思います。
が、いつまでも液体主体の食餌では、栄養は充分になっても体の発育に支障が出ます。離乳食のドロドロを口にすることには、舌と歯を使って食べ物を送り込む〜咀嚼することでアゴの発達〜アゴを動かすことで脳の発達という大切な作用がありますので、犬用ミルクの成分におなかが慣れたらミルクに固形物を混ぜたドロドロ食にしていってください。
仔犬離乳用フードは手に入りますか? 缶詰やレトルトのものはミルクに混ぜて手軽にドロドロ食が作れます。仔犬用ドライフードをミルクでふやかしたものでもいいですが、その場合のドライフードは生後2ヶ月に必要な栄養素を含むものを選んでください。パッケージに適応月齢が書いてあるはずです。

パグの仔犬は見た目まるまるむっちりコロコロのボールみたいで、指でつついたら転がっていきそうなくらいずんぐりむっくりしているのが理想的な発育です。サイズ小さめのミニパグでもこれは同じ。
生後4ヶ月まではずんぐりむっくり体型を維持し、その後は活発になるにつれ運動量をふやしておデブ体型から筋肉質マッチョ体型にして、生後7〜8ヶ月くらいには痩せても太ってもいない健康ボディにしてそれを成犬以降もキープするのがベストです。
まずは仔犬たちの体重測定用にハカリを買ってください。2キロまで計れるキッチン用で間に合います。2キロを超えたら人間用の体重計で抱っこして計り、あとから自分の体重分をマイナスして犬の体重を記録してください。

最初の写真より今は体つきがしっかりしてきたとのこと。今の写真をぜひ載せてください。ああ、よかった、太ってきた〜と安心したいです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。