獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200912-44

Re2:犬の平滑筋肉腫
投稿日 2009年12月19日(土)23時12分 投稿者 yuu

さっそくの回答ありがとうございました。膀胱を検査した結果平滑筋肉腫が発見されたという説明しか受けておりませんでした。カテーテルは膀胱までさせなくなってしまい、断念しました。現在は注射にて尿を抜いてる状態です。尿道に関する手術は高齢であることと手術後必ずしも元気になるという補償はないということを言われました。
他の獣医については私もあたってみたいと考えていました。(状況から言って仕方がないのかもしれませんが、冷徹に安楽死か手術かの選択を迫る担当医に不信感を抱いているのも事実なのです…)インターネットにて探しているのですが、なかなか良い結果が見当たりません。良いサイト等お知りでしたら、おしえてください

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。