獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200912-7

Re2:犬の発作
投稿日 2009年12月4日(金)10時10分 投稿者 アル

ノリ先生、お返事ありがとうございます。

腫瘍の可能性は覚悟していました。
手術での治療はほとんどできないお話も伺いました。

ここからは飼い主の決断しかないのかもしれませんが、判断がつかずに迷っています。
MRI検査をして、原因がわかった場合のメリットは、具体的にどんな事があるのでしょうか。
2年前に睾丸の炎症で摘出手術をした時に、しばらく麻酔から覚めなかった事があり、麻酔自体が怖い思いもあります。
でも、このまま原因もわからずに、抗てんかん薬を飲ませる事にも抵抗があります。
脳神経系疾患だった場合にも、抗てんかん薬は、効果があるのでしょうか。

私事ですが、2週間前にうさぎを腎不全で亡くしたばかりで、冷静な判断ができない状態にいるのかも知れません。
(生後間もないうさぎの育て方、こちらでチーママさんにアドバイスいただいて、育てた子でした。)

脳神経系の疾患がいずれどんな症状を招くのか、犬にとって、どんな選択が一番幸せなのか途方にくれています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。