獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-201005-35

Re:病気で毛玉。。の追加です。
投稿日 2010年5月19日(水)21時44分 投稿者 あき

動物病院でカットを担当しているものです。
病気による毛の発達も御心配かもしれませんが、一番は今その子が快適に過ごせるようにしてあげることではないでしょうか。

バリカンでの全身カットと言っても、2ミリなどのツルツルもあれば、6ミリなどで多少長さを残すこともできます(長さにムラができてしまうかもしれませんが)。
毛玉は皮膚にとって悪いですし、その子のQOLを下げる要因になると思います。

ご相談できるトリマーさんがいらっしゃるのであれば、毛玉を作らない程度に、かつツルツルにならないよう、体に負担の無いようできないかお話ししてみたらいかがですか?
今通院されている病院ではトリミングはやっていませんか?
ご自分でされるのなら、他の方もアドバイスされていますが、擦れるところはスキバサミで短くするのがいいかもしれませんね。スキバサミでも使い方を誤れば皮膚を切ってしまうことがありますので、お気を付けください。
毛玉は無理に引っ張らないでくださいね。皮膚にはりついているような毛玉でしたら尚更です。毛玉の根元をしっかりと持って(皮膚が引っ張られないように)、スリッカーで少しずつ少しずつほぐしていってください。力加減に気を付けてください。

何かしらの手により毛玉が解消されましたら、あとはともさんご自身で毛玉になりやすいところをこまめにピンブラシなどでブラッシングしてあげてください。一番は毛玉を作らないようにするのが一番です。そして、毎日のブラッシングで体を観察することで、病気の発見にもつながりますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。