獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-201010-14

Re:膝蓋骨脱臼の診断について
投稿日 2010年10月12日(火)04時47分 投稿者 パールちゃん

> それほど診断が難しいものなのでしょうか。
成長期ですから、今週の診断と来週の診断では変わる可能性があるのです。
また、現時点では手術もまだ早い。
確定診断できる時期ではないし、治療方針を立てられる時期でもないんです。

> 体重を増やさないようにと言われても、成長期の子犬に必要な栄養は与えなくてはなりません。
体重管理指導を具体的に受けたらどうでしょう。必要な栄養を摂りながら体重管理するにはなにをどのくらい与えていればいいか、実際に犬を診ている病院で具体的な食餌アドバイスをしてもらうといいと思います。

> シュナウザーという犬種からしても、活発に動くことが予想されます。
追加ワクチン前でしょうからまだ外への散歩には行っていないと思いますが、部屋のなかで走り回るのは控え、散歩に行けるようになるまではなるべくおとなしく過ごし、散歩解禁になったら直線的に歩くことをまず練習するというスケジュールを立てるとか。急旋回がいちばんヒザには悪いので、それを避ける暮らしを作っていけばいいと思います。
たとえば一人が相手をするとその人の回りをグルグルという遊びになりがち。二人の人間が離れた位置で遊び相手をすれば、行ったり来たりの直線的な歩容運動になりやすく、急旋回を回避できます。また、相手をするときは立ったままではなく姿勢を低くしてください。立ったままだとジャンプ癖がつきやすくなりますので。

> 本当に6ヶ月まで様子をみても良いのか、違う病院に行った方が良いのか悩んでいます。
不安は今の病院にとことん聞いて、それでも不安ならセカンド・オピニオンもいいでしょう。が、グレ−ドなになにという数字を焦って知ろうとするのだけはいいことではないと思います。まったく問題のないヒザと「完全脱臼」の間の亜脱臼にはいろいろなパターンやタイプがあり、それは変化するものです。特に成長期には定まらないものなので、心配になるのはわかりますが今ヤキモキしてもしかたないんです。

繁殖元へ連絡しましたか? 遺伝性の可能性があるため、膝蓋骨脱臼の子をさらに作らないためにも繁殖元へ連絡をしてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。