獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-201010-16

Re3:膝蓋骨脱臼の診断について
投稿日 2010年10月13日(水)02時09分 投稿者 パールちゃん

> やはり悪化させないよう十分注意するしかありませんね。
どんどん悪くなる一方というわけではなく、先生がおっしゃったように納まりがつく場合もあれば、手術の必要はない程度の亜脱臼のまま一生過ごしていける場合もありえます。
うちにいるゴールデン・レトリバーも膝蓋骨亜脱臼ですが、ややガニ股気味に走る以外は生活に問題はありません。体重管理だけよく気をつけています。

> ボールを追わせるような遊びもしない方がいいですね。
ボール追いは急旋回につながるのでちょっと我慢ですね。走らずに遊ぶ方法・・・おもちゃの引っ張りごっこやぬいぐるみを噛み噛みして戦うような、その場から動かずに遊べる方法を工夫してみてください。

> 直接、繁殖元には連絡できませんでしたが
血統書があれば繁殖元がわかりますが。。。
ショップから繁殖元に伝わる可能性は低いと思うので、今後もどんどん膝蓋骨脱臼の子が産まされるのが心配です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。