[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] 獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

Re:猫 甲状腺機能亢進症
投稿日 2021年3月4日(木)18時16分 投稿者 とら

私の愛猫ももうすぐ15歳で、2年前に甲状腺機能亢進症と診断を受けました。
愛猫は食欲不振があるのでy/dだけをずっとというのは難しく、食事はy/dをメインにして一日に摂るヨウ素の量を低く抑えればいいのじゃないかと獣医さんに聞いたときに、猫さんの1日のヨウ素の必要量はすごく少ないので、y/d以外を食べてしまうと治療効果が出ないということでした。
愛猫はいま他の病気もあるので、数種類の薬と混ぜてメルカゾールを飲んでもらっています。飲みはじめの頃に皮膚が剥げる副作用が出てしまいましたがその後落ち着きました。

低用量であげてみても白血球減少の副作用は出てしまうのでしょうか。
かかりつけの先生が甲状腺疾患に強い方でしたらセカンドオピニオンなどは必要ないのかもしれませんが、私の場合、かかりつけの先生はあまり詳しくなく、メルカゾールを処方している動物さんも殆どいないと言われたので、セカンドオピニオンに行って他の先生のご意見を伺いました。
甲状腺機能亢進症の薬はメルカゾール以外にもいくつかあるようでネットで売られているのを見ますが、メルカゾールに比べてどうなのかがわかりません。
また海外ではメルカゾールの成分であるチアマゾールを耳に塗るタイプの薬があるそうで、口から薬を飲む分が少しでも減ればいいなと思って試したいのですが、これは日本では手に入らないみたいです。

同じ病気を持つ猫さんのご相談記事を拝見して、つい書き込んでしまいました。
猫さんが毎日快適に過ごせるよう、お互い頑張りましょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。