[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] 獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

猫の毛玉予防について
投稿日 2021年5月9日(日)21時44分 投稿者 るう

はじめまして。るうと申します。
最近、長毛種の猫(ノルウェージャンフォレストキャット)を飼おうと思っています。友人から仔猫を譲り受ける予定です。
ただ、ブラッシング等のケアは慣らしながら毎日自分で頑張りたいのですが、もしその子がブラッシングを嫌がって暴れてしまってどうしようもないときは動物病院で御対応いただけるのでしょうか。
たまたま目についた動物病院の動画を観ていると否定的なコメントも多いので、飼うことを躊躇してしまって…
今まで飼った猫はどの子も短毛でブラッシングも嫌がらなかったので余計に心配で。
鎮静剤を使用しての処置は推奨されないことはわかっているのですが、もしこの処置が商業目的であって一般的ではない(動画のコメント欄より)なら、自分で対応できなかったときのことを考えて譲り受けるのを辞めようかとも考えています。

繰り返しますが、ケアは毎日し、自分で少しずつ毛を刈っていく予定です。いくつかのケースを事前に検討して、本当にダメなときは一般的に考えて動物病院で対応いただけるかの確認です。
現時点では猫を飼っておらず、亡くなったあと引っ越してしまったので、前に飼っていたときのかかりつけ医さんに診ていただくこともできないため御相談させていただいた次第です。
動物病院の方針によると言われたらそれまでですが…

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

御参考までに観ていた動画です↓
https://youtu.be/jGwqp8Blyf8

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。