[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive] 獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板個別発言

小鳥の羽
投稿日 2022年1月16日(日)16時30分 投稿者 Hinako

高齢のジュウシマツの糞が肛門にこびりつくので、
ぬるま湯で拭きとっているときに、お尻やおなか周りの羽も糞がかたまっていたためについぬるま湯でふきとってしまいました。ぬるま湯の水浴びはダメと知っていたにもかかわらず、糞をとるなら大丈夫だと思い拭いてしまいました。お腹周りの羽がつねにかたまって、皮膚がむき出しになっています。高齢で足も弱っているため自分で羽繕いが出来ないため、尾脂腺から羽に油を塗ることも出来ないようです。このような場合、動物病院では何か対処ができるのでしょうか?かなり高齢なので車に乗せて動物病院に連れていくのもためらわれます。

クリックするとオリジナル画像:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。