意見交換掲示板個別発言

猫の心臓病
投稿日 2022年4月15日(金)23時01分 投稿者 コハクチュウ

17歳の雌猫の心臓病の治療で利尿剤と心臓薬を飲ませて3週間になります。
週に一度のペースで胸水を抜いてもらっていますが、量がその都度増え、20ミリ程度から160ミリほどになり、今後は週二回の通院となります。呼吸状態も良くないです。腎臓等ほかにも持病があります。
今のところ薬がどの程度効いているのか分かりませんが、薬を増量したり、種類を変える事などで症状の改善が期待できるという事はありますか。臨床的にはそれほど改善が見込めないケースのほうが多いのでしょうか。
また、今後の心づもりとして聞いておきたいのですが、どのような経過をたどる事が多いのか、余命としてはどの程度になるのか、個体差は勿論あると思いますが、臨床上の話で結構ですのでご説明いただければと思います。よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。