獣医師広報板ニュース

ペットロス(メモリアル ルーム)掲示板過去発言No.0100-200012-15

ロッキーへ
投稿日 2000年6月11日(日)23時44分 投稿者 PITT

15年ほど前、学校に迷い込んだ子犬を連れ帰ってそれ以来我が家の一員になったロッキー。コロコロした可愛らしい姿は今でも鮮明に思い浮かびます。
鍵を忘れて家に入れなかった時もロッキーがいたから庭で夜になるまで一緒に待っていられたよ。家族にも見せなかった涙もロッキーの前ではいっぱい流した。どんな時もロッキーが私の一番の心の支えだった。
三日前、ロッキーが危篤だと聞いて慌てて実家に帰ったら、お気に入りの場所に横たわって動けないロッキーが。呼んでも尻尾も振れないほど弱って苦し気にふるえていた。それなのに頭を撫でてやることしかできなかった。病院で入院することになって「もう会えないのかも」っていう気持を「きっとまた歩けるようになる!」っていう気持が消してしまった。信じられないほど確信していた「また一緒に散歩に行ける」。だから病院でサヨナラ言わなかったんだよ。それなのに、どうして死んじゃったの。今日弟から携帯にメールが入っていた時は信じられなかった。最後に抱き締めてやりたかった。ありがとうって言いたかったのに。ごめんね、ほんとにごめん。苦しんで死んでいったんだね。その時間、私は何にも知らずに寝ていたんだよ。ごめん。

そして、もう届かないかもしれないけど、ありがとう。ロッキーに会えて本当に良かった。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。