獣医師広報板ニュース

災害と動物掲示板過去発言No.0700-200512-47

Re:災害
投稿日 2005年11月23日(水)23時57分 投稿者 パール@ペット防災ネットワーク

春さんへ。災害対策でまずいちばんに考えるべきなのは【そのとき命を守ること】です。これは人も動物も同じ。防災訓練などではよく緊急避難のシミュレーションをしますが、避難よりもふだん生活している場所が安全かどうかのほうがずっと重要です。
災害に備えるネットワークを作るのはとてもいいことだと思います。今、何をやるかは次の3点に絞られます。1.ふだんの飼育環境が安全かどうかを問いかける活動 2.ペットのために用意しておく災害対策品の準備を呼びかける活動 3.相談や問い合わせを受ける窓口作りとそれを広く地域の飼い主さんたちに知らせる活動
フード支給など災害が起こったあとのことは獣医師会や行政などの大きな組織に任せ、小さな組織(有志の集まり)はより身近なつながりの中から「お宅はちゃんと準備してる?」「何かあったら連絡してね」という連携を取っておくほうが得策です。地域のペットショップや動物病院がそういう役割を担っていくのが理想的だと私は思います。
ペットショップに防災コーナーって見かけませんよね。防災コーナーっていうほどのものではなく、ペットの怪我防止としてガラス飛散防止フィルムをペットショップで販売するだけでも飼い主さんたちに防災意識が生まれると思います。怪我をさせない・死なせない・守る・・・ペットショップからそれを発信してほしいと思います。
このサイトのなかに「ペットのための防災」のページがあります。そちらもご覧になってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。