獣医師広報板ニュース

災害と動物掲示板過去発言No.0700-200712-69

防災力は想像力
投稿日 2007年9月1日(土)02時38分 投稿者 パール@ペット防災ネットワーク

今日9月1日は「防災の日」、8月30日〜9月5日まで「防災週間」です。動物のいる暮らしを災害から守るため、ペットのための防災を改めて考える機会にしてください。

防災力は想像力です。
「もし○○が起こったら」の○○をたくさん想像してみるのが防災の第一歩です。

○○の例--地震・津波・台風・強風・大雨・洪水・浸水・土砂崩れ・噴火・大雪、火災・ガス漏れ・化学工場や原発の事故・武力テロ、等。

これらは、予期せず突然起こるものと、前もって起こることが予想できるものに分けることができます。

◆予期せず突然起こったら、そのときどうするか(地震・火災・ガス漏れ・化学工場や原発の事故・武力テロ)
・ペットの身の安全を守る手順を考えてありますか? 
・飼い主であるあなたが留守中の場合の対策を考えてありますか?

◆前もって起こることが予想できるものには、どのような準備をするか(津波・台風・強風・大雨・洪水・浸水・土砂崩れ・噴火・大雪)
・情報を仕入れる手段を確保できていますか?(停電や携帯電話不通のときでも)
・ペットを連れて緊急に避難する場合の行き先と手順を考えてありますか? 
・避難が長期に渡った場合のことを考えてありますか? 

前もって起こることが予想できる災害に対しては、その情報に注意を払い、早め早めに安全対策を取ることで被害を防げます。

予期せず突然起こる災害の代表が地震です。
住居の耐震性は? 部屋のなかの落下物対策や家具の倒壊防止やガラスの飛散防止は? これらの対策をしっかりしておくことで地震による死亡・負傷はかなりの確率で防げます。
突然の揺れにペットはパニックになります。余震におびえます。もし留守中に大地震が発生した場合、ペットの居場所は安全ですか? なるべく早くペットのもとへ戻るには? 電車もバスもストップしたら徒歩で帰宅するしかありません。徒歩帰宅の道順を調べてありますか? 

この防災週間中、できることから始めてみてください。

ペットのための防災
http://www.vets.ne.jp/faq/pc/saigai001.html (パソコン版)
http://www.vets.ne.jp/faq/mobile/saigai001.html (モバイル版)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。