獣医師広報板ニュース

災害と動物掲示板過去発言No.0700-201104-212

Re:心配ない?懸念あり?
投稿日 2011年4月21日(木)19時05分 投稿者 チッチ

 鳥取県で起きたウラン残土問題。撤廃請求の住民訴訟と土地明け渡し等を請求した通称榎本訴訟が起きました。
 提出された「意見書」( by 小出裕章氏)はとっつきやすく基礎知識のない私達にも何が問題なのか教えてくれます。
http://uranzando.jpn.org/uranzando/e_sosho/ko050309.htm

 日付が2005年3月9日なので、古いかもしれませんが。

・・・・・・・・・・
W.被曝を受け入れるかどうかは、被曝する人自身が決める

 前章で詳しく説明したように、どんなに低い被曝であっても被曝には必ず影響がある。 しかし、原子力利用を進めようと思うかぎり、その事実を認めたくない。
 そこで、原子力を推進しようとする人たちは、被曝量が低ければ影響がないかのように言い続けてきたのである。

 科学は世界を曇りない目で見る上で、比類するものがないほど大切である。
 しかし、その科学は万能ではないし、明らかにできないこともまた山ほどある。
 その時には可能な限りの科学的知識を駆使して推測する以外なく、そうしてできるものが仮説である。
 LNT仮説すら「安全側」になっていないと私は思うが、もし控訴人が、低線量の被曝には影響がないというのであれば、実在する科学的知識に基づいて別の仮説を示せばよい。
 しかし、それができないからこそ、放射線被曝についてはどんなに微量であっても危険があると考え、世界各国で被曝の限度を定めているのである。

 もともとICRPは放射線防護に関係する学者が集まって組織した団体であったが、原子力利用が拡大するとともに、純粋に「科学」的な仕事から離れ、被曝の安全基準を勧告するなど社会的・行政的な役割を担うように変わってきた。
 ICRPが国家や原子力産業に次第に取り込まれていく過程をK・Z・モーガンさんは、「できの悪い子供を見る父親の心境だ」(注3)と書いている。

 結局、ICRPはLNT仮説自体を否定できないため、新しい勧告で奇策に打って出ようとしている。つまり、自然放射線被曝より低い被曝から受ける危険は無視してしまってよいというのである。まさに、図7に示したものである。

 しかし、これこそおせっかいと言うべきものである。低線量での放射線影響を科学的に明らかにすることが科学者集団としてのICRPの役割であったとしても、危険を受け入れるかどうかはあくまでも危険を負わされる人自身が判断すべきものである。
 被曝を受けさせられる住民自身が嫌だというのであれば、どんなに低い被曝であっても、それを強制することは正しくない。
 ましてや、被曝を強制するために、低線量の被曝は影響がないかのように言うことは科学に携わる者として恥ずべきことである。

・・・・・・・・・・
            

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。