獣医師広報板ニュース

災害と動物掲示板過去発言No.0700-201104-76

Re:原発付近のペットの保護について・・・
投稿日 2011年4月8日(金)23時24分 投稿者 ペット防災ネットワーク 

状況は毎日変わっています。よほど注視して報道や報道に載らないことを自分から捜しに行かないと、納得のいく[今日はどうだったのか]が、つかめません。

> 保護したら、個人であり団体であっても近隣の獣医師の元「線量計によるチェック」を必ず行い、その結果を踏まえ安全確認されたペットから現地で必要手続を済ませた後に、預かっていただける方や保護施設など県外移送が初めて可能になると考えてよろしいでしょうか?
そうすることによって、保護届を出すことで飼い主様の元に返せる確率が高くなり、二次被爆や風評被害も回避できるということでよろしいですか?


なぜ県外輸送を前提にして考えるのかすごく不思議です。福島県のなかでいいじゃないですか、保護も預かりも。
福島県内で一括して保護して、保護届けも捜索届けもそこで情報一元化すれば、飼い主さんとの再会が早い、先のことをどうするのかの相談もそこで。

どこががんばるべきかが見えてきましたね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。