獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200004-63

家で飼う事になりました!!
投稿日 2000年4月25日(火)11時52分 koba

昨日父が子供に聞きました。
「どうしても飼いたいか」と。子供は「どうしても飼いたい」と。
「2匹しか初めからいなかったと思って おじいちゃんのいうことを聞いてくれんか」
「だって3匹いるんだもん」と。そりゃそうだ。
「この家は動物を飼うために建てたのではないし これからお父さんが何十年かけて
お金を払うのだから大事に使えんか」と。もう子供は泣いてます。
家の父の話を聞くときなんだか威嚇されているような気がします。
黙っていよう 私が間に入ってもまた喧嘩になるだけだ、とおもっても 
この口がついつい勝手に動きます。
「私達は家が建つ前から建ったら犬を飼おうね、それも家の中でと話していた」
「それに当の本人のお父さんも別に言うことを聞かなくても飼えば良いと
言っている」と。
「子供もそれは知っているからそれでなっとくしろと言っても無理だ」と。
例えば泣き声がうるさいとか 足音がうるさいとか 家の中が臭くなるからとか
何か具体的なことをいわないと子供には分からないだろうと思う。
チーママさんの言うように一緒に住んでいる以上譲り合うことも大切だと思う。
でも他の事ではかなりあの人達の生活を尊重してきているつもり。
それなのに私たちの生活には勝手に入り込んでくる母に
嫌気がさして別々の生活をするようになった。
話を戻して、こどもが「それでもどうしても飼いたい」と。
「2匹でもかわいいけど 3匹いるともっと楽しい」と。
父が「そこまで言うならもう何も言わん。ただひとつだけ答えて」と。
「おじいちゃんと犬どっちが大事」と。
おい!おい!それは女の人が泣いて「私と仕事とどっちが大事なの」
ときているようなものだぞ
「犬!!」2人とも「犬以下か」父...
ちょっとおじいちゃん、それはちがうでしょ!
子供にそんなことを言わせるのは酷でしょ!
今ここで「おじいちゃん」と答えたら捨てられるのは 子供でもわかるでしょ!
比べられるものではないでしょう!
結局飼うことになりました。
母は言います「じゃあ3匹目は血統書付にかえてきてあげる」と。
あぁもうこの人達には何を言ってもダメだな と思いました。
2階に上がる途中話し声が聞こえます。「笑われればいいんだわ」と母。
「そりゃ笑われるだろう」と父。
なんだかもう無駄。私たちの家族が仲良くしていられれば、それでいい。
子供に言いました。あの場合犬としかいいようがないよね。
あんたたちが悪いことを言ったなと思わなくてもいいよと。
あんなことを子供に言わせるおじいちゃんのほうが悪いんだからと。
父は私に言います 「いつまでも子供みたいに」と...
でも本当に子供みたいなのはあなたじゃないですか!!
自分の意見だけを相手に押し付けて 子供の気持ちも考えずに
ただ「おじいちゃん」の一言が言わせたいだけで...
姉に相談しました。「あの人達に何言ったって無理だよ
それぞれ人の価値観が違うということを認めない人達だから」と。
「自分たちだけの意見が正しくて ほかの意見は聞けない人達だから」と。
私は子供の頃から両親と性格が合わなくて ほとんど話をしなかった。
母もそんな私が嫌らしく私には何も言ってこなかった。
姉は結構良い子で育ってきたから母とも気が合っているように見えた。
でも違ってたんだ。
「だから私は同居は出来ないといったの」と。
だって結婚して母と話をするようになってなんだか良い感じで、
一緒に住めると思ったんだもん...
それは 離れていたからだったんだ。
チーママさん パールちゃん ピクシーさん、親身になってくれて、ありがとう。
いろいろな人の意見が聞けて とてもためになりました。
とにかく3匹がんばって育てていきます。と言ってもそんなに大変じゃないけどね。
姉が言いました。「あんたの家族が幸せならそれでいいんじゃない」と。
でも...また捨て犬見たらどうしよう...
目をつむって通り過ぎるか...見なかったことにするか...
そんなことできるかなぁ?
こんなこと言っているから子供だっていわれるのかなぁ?
とにかくガンバロー!!と...



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。