獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200004-71

こまったわんさまへ
投稿日 2000年4月26日(水)18時33分 ピクシー

ピクシーです。ミニチュアダックス親(4歳)子(2歳)と暮らしてます。
お気持ちわかります。私も、親を50日くらいでかってきてどこでもついて
きて、トイレもあけたままで、留守できず、だんながいる土日と夜しか、買
い物・外へでれず約二年暮らしました。どうしてものときは連れていき車の
中でお留守番。(これも夕方;日中はあつくなるので)
 この事態から解放されたのは妊娠してから。最初はリードを応接台のあし
にセットし10分。ビデオをとり様子をかえってからみると大丈夫でした。
その後出産し留守番は完璧に・・・。いたずらもしなくなりました。
 子わんこはかあちゃんと一緒にお留守番できますが一人では泣きます。
その時は友達のわんこを借りると泣きません。いたずらはするので(紙をび
りびり、ペットシートをリビングまで持ってくるなど)バリヤーをつくって
なにもいたずらできないようにして出かけます。
 今はパート(4時間)もいけるようになりました。
こんな日が来るなんて思いませんでした。はたのさんのいうようにもう一匹
というてもありますよ。出かけてる間は寝てます。(ビデオで)
 ビデオで一回どんなふうな状態かみるのもいいですよ。ちなみに、子わん
このいたずらはでかけて即実行してます。そのあとはグースカねてます。
 いろんなこと試してみてください。がんばってください。人ごととは思え
なかったので遅くなりましたがカキコませていただきました。
うちの困った問題は↑にカキコみます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。