獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200012-5

カメさん、ごめんね。
投稿日 2000年11月8日(水)23時12分 やぎねこ

やぎねこさんちはわにが来る前から、カメがいました。
甲羅の直径が10センチ以上はある、なかなか大きな子でした
(でも、名前はない←決まらなかった>笑)。

ある日のこと、庭に出たやぎねこさんは、わにと目が合いました。
それが、どうも妙な感じなのです。
たった今まで、何かをしていたけど、人が来たから、ちょとばかし
止めました……、って云うか、いつもなら、しっぽをぶんぶん振って、
すっ飛んでくるのが、一箇所にいて、ちらちらと何かを見ているのです。
(はて?、ねこでもはいってきたのかしら?)
と、そばにいくと、そこには、カメがいました。
水槽に入れているのですが、ときどき脱走してくれるので、また出たのか、と
水槽に戻そうとして、異状に気付きました。
甲羅に、穴があいているのです。
それも、2〜3箇所。

……そう、わにが噛んだ跡でした。

「だめでしょっ!」
叱りとばされて、申し訳なさそうに鼻面を寄せてきましたけれど、
甲羅の穴の塞ぎ方がわからず、結局、そのまま水槽に戻すだけでした。
おわびに、イカもちょと。

しばらくして、母が水槽の辺りが異様に臭いと云い出しました。
食べ残したイカが腐ったかな?、と思って、水槽を洗いかけて、
初めてカメが死んでいるのに気付きました。

噛まれたショックでなのか、そこからばい菌がはいったのか、それは
わかりませんが、可哀想なことをしました……。
わには、お散歩中に畑にケイフンが撒いてあると大喜びで飛び込んでいく子です、
固くて生臭いカメは、さぞ魅力的なおもちゃだったのでしょう。
あと980年は生きられたかもしれないカメだったのに……。
ごめんね。

改めて叱り直されたわには、なんことかわかんないんですよね。
突きつけられたカメの臭いを、また喜んでいる姿が情けなかったです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。