獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200112-12

まとめレスです
投稿日 2001年11月5日(月)14時10分 パールちゃん

犬飼いのパールです。
長文になってすみませんが、まとめレスです。

Re:柴犬について
miriさんへ。
書き込みを読んで思いました。
あまりにも「日本犬」「柴犬」ということを意識しすぎ、
日本犬なら柴犬ならこうだろうという枠にはめ込んでしまっていませんか?
そういうふうに、点数はからいのに甘やかしている面もある、
それが食糞をしたり飼い主に挑んでくる形で
犬のストレスになっているのではないですか?
生後9ヶ月、体も心もオトナの入り口で自我が固まってくる時期です。
気にいらない相手(牡犬)がいて当然で、誰とでも仲良くとはいかないのが普通です。
また、厳しさと優しさの飼い主の態度が一貫していなければ犬は混乱し、
「この人を信じていいのかな?」という疑問が生じます。
こうなってほしいという飼い主の願いと、それはいやだよという犬の願いの折り合いをつけて、
もっとおおらかに育ててはどうでしょうか。
生後35日で来たということは、
母犬や兄弟姉妹犬との社会科のお勉強がちょっと足りなかったということですから、
犬の意思や希望を読み取ってあげると同時に、
それはいい、それはいけないをはっきりと厳しく教えてあげてください。

Re:メスの柴犬を飼っていますが・・
真南実さんへ。
獣医師広報板のイヌリンク集を見て、
犬種別のHPや愛犬HPの中からお相手を探してみてはいかがですか?
http://www.vets.ne.jp/link/pc/1100.html

Re:土や砂利を食べる癖
Mariko Katoさんへ。
意見交換BBSのほうでもレスしましたが、もうひとつ。
獣医さんが「それは異常だ、そんな犬の話は聞いたことがない」と言ったとのことですが、土や砂利を食べてしまう子犬はよくいるもんです。
うちのコだけが、、、と心配しないでくださいね。

Re:訓練所
てっちゃんへ。 削除
獣医師広報犬イヌフォーラムの中に、
しつけ教室や訓練所のリンク集があります。
参考にしてください。
http://www.vets.ne.jp/link/1100/f_1103.html

Re:ペットフードについて困っています
りえさんへ。
いろいろ試行錯誤してフードを変えたことにより、
選り好みするクセがついてしまったかもしれませんね。
プラスチックアレルギーということがわかり、特に与えてはいけない食事がないならば、
「これ」と決めたものを与えればいいと思います。
食べるか食べないか、小さくしたりふやかしたりと一生懸命になっていることを悟られないようにして、
「これしかないのよ」と出せば、おなかがすけば食べるはずです。
飼い主が神経質になっているのが犬にわかってしまうとよくないんですよね。

Re:水を異常にたくさん飲むのですが
Lathifaさんへ。
水をたくさん飲んで慢性的に下痢などでは心配ですが、
いいウンちゃんをしているなら気にしなくても大丈夫だと思います。
活発で運動量が多いため、ハァハァだけでは追いつかず、
体温発散のためにたくさん水を飲んでいるのではないでしょうか。
飲んだ量に見合うくらいたくさんおしっこをしているか、
下痢気味ではないかのチェックだけはしてくださいね。
あと、ダックスのような胴長犬は水や食べ物でおなかがいっぱいのときに激しく動くと胃捻転・腸捻転の要因になりますから、
おなかいっぱいのときは暴れさせないほうがいいですよ。
獣医さんとコミュニケーションは取れるようになりましたか?
また書き込みしてくださいね。

Re:子犬の性
みんみさんへ。
4ヶ月の子犬が雌犬を妊娠させてしまう可能性は限りなく低いと思います。
あくまでも遊びとしてのマウンティングですから、気にしなくて大丈夫。
去勢手術の時期についてはいろいろな見解がありますが、
かかりつけの獣医さんが生後6ヶ月以降とおっしゃったのならそれでいいと思います。
成犬に近い体ができあがり、基礎体力もつき、ホルモン分泌も安定してからということですね。

Re:パピヨン女の子2匹のトイレ
りえさんへ。
>前までは、1日うんち2回ぐらいで、ちっこは数回してたんですけど今は1日1回するかしないかです。
え? おしっこが1日1回になってしまったんですか? それともウンちゃんが?
ウンちゃんなら1日1回でもいいですけど、おしっこがそれでは少な過ぎる。。。
人に見られるのがイヤというのには疑問を感じますけど、
トイレを共用するのがいやになったとか、トイレグッズを変えたとか、
入るとガッタンと揺れるとか、何か今までと違うことがトイレにないですか?
病院にも行って検査もしたようですから内科的な心配はないと思いますので、
安心して使えるようにトイレの場所や状態を作ってあげてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。