獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200112-58

公園について
投稿日 2001年11月26日(月)21時01分 えむ

ナデイアさんへ
やっぱり、たった1人がフンを拾わなかった為に飼い主、皆が同じ眼で見られ、そういったイメージの
レッテル貼をられやすいと私も思いますし動物嫌いの人の立場からすれば仕方ないと思ってます。
(逆の立場なら私も飼い主&犬を、そういう目で見ちゃうだろうし)しかも我が家では勘違いされ
呼び止められたり、そういう目で見れたりした経験も実際にありッ(><;

>飼い主同志で話しをしてマナーを守るしかないと思いました
>公共の場です。マナーが有るとか無いの問題では無いと思います。
>皆がマナーを守りましょう!と話していく事が大切だと思います。
確かに、それが一番ですよね!!うん!1人を指摘するんじゃなくって犬も入れる公園にしたいなら
皆が皆で話し合って協力し合ってく努力も当然なのは分かってますが正直なかなか出来ずにいるのもあます★
・・っていうか話し合う機会自体ないというか時間帯も会わなのに(すれ違いで会釈?程度ならしますが・・)
年下の私が声かけて、しきるのもなァ〜・・ていう感覚もあってか(偉そう?)・・う〜ん、なかなか難しいです(>0<)
(ちなみに私は そこの公園では遊ばせてないだけに余計)ちなみにナデイアさんの地域では、どうですか?!
でも近所に誰が、どんな人が住んでるかも分からないような冷たい?世の中で真剣に同じように考えて面倒臭がらずに
耳を傾けてくれて団結し(許可は下りなくても)上手く実行出来るだけでも素晴らしい事と私も思います♪

Suzukaさんへ
>『そのまま』ではなくするために、えむ様はどのようなことをされていますか?
ウ〜ン私も何も、やってないですね★(尿まで流してませんがフンを拾ったり玄関回りにさせないとかってのは
当たり前の事では?!)・・っていうか最近、犬と公園のあり方について「そのままでは何も変わらないのでは?」と
思い始めて書いたので「私は何かを、やってるんだ!」みたいな、そんな深い意味じゃないのですが・・(^^;

>犬の散歩を認めてくれたら、毎日曜日には地域の犬の飼い主が交代で公園清掃します』
>という署名/誓約書をもって交渉にのぞむのと、
↑(ナデイアさんへのレス)でも言いましたが目に見える分かりやすい形で何かを実行し市や反対派にアピールしていく事って大事なんですよね★
(その前に何で立て看板が立てられたのか?立ってるのか?多分、フンとかノーリードだとは思うけど
本当のハッキリした理由が分からないので今度、市に聞いてみようと思ってますが反対派の意見も興味あるので
是非、聞いてみたいのですね・・・)

>一部のマナーの悪い飼い主を見つけだして改めさせることができればいちばんよいのでしょうが
される事は、あっても?!自分からは怖くて出来ませんッ(><)一言、注意したが為に逆上して刺されたとか襲われたとか
何にあるか分からないですもんね・・哀しい事だけど(家がわかれば、そっと手紙をポストに入れたりが無難?!)

そうですね「家族同然」というのは愛犬家内でしか理解してもらえない、通用しない言葉であるのは当然だと思います(どんなに家族同然でも
イザとなれば、やはり弱い立場にあたるのは、いつだって動物達の方ですから・・)
>ドッグランは、今の日本では、犬を社会から隔離するための檻になる危険性を秘めている両刃の剣だと思います。
まさに、それでしょうか(^〜^;するどいトコ付いてきましたね〜ッ★言われてみると本当、そうですね!
>犬との共存を望まない人の気持ちをいかに思い遣れるか・・・
>そして、そのためにどのような行動をとれるか
Suzukaさんの言う通り、だからこそ、これらの問題も大事にしていく必要があるんですよね!
それに犬について何もわからず誤解され必要以上に怖がったり嫌ったりされてる人達の為にも
教えてあげたり誤解のないよう説明してあげる事も必要だと感じます・・・。
(現に姉に赤ちゃんが最近生まれたのですが旦那の親が犬との接触を嫌ってる人が身近にいるし
どこかの掲示板で運良く犬が苦手な人とカキコする機会があったのですが考え方や見方も
変わろうとしてくれて先入観を捨てられ誤解も解けた事もあります。)

なんか話がズレてしまいましたが・・・。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。