獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200112-66

困っています・・・。
投稿日 2001年12月5日(水)19時11分 たちうお

こんばんは。お久しぶりに来ました、たちうおです。
実は、皆様にお叱り、非難覚悟でご相談させていただきたく、伺いました。
生後1年7ヶ月になる愛犬、桃についてです。
今年の8月に子猫を拾い、今雌の子猫「小梅」がいます。桃は初め戸惑っていましたが、トイレの世話や授乳など、子猫の面倒をよく見てくれるような優しい子です。
ただ最近特に、留守番時のいたずらがすごいんです。電話の子機やリモコンをかじって壊したり、マジックやペン、ゴミ袋をあさったり・・・。小梅がいない頃は、留守にする時「お留守番ね」と言うと、玄関のほうへ行き、私の部屋でじっと(かどうかはわかりませんが)待っていました。うちではサークル代わりに、ドアを閉めて、玄関の部屋から中に入らないようにしていたんですが、子猫が来てから、中の部屋で子猫が鳴くのが気になって、ドアをこじ開けて中に入るようになってしまったんです。お陰でドアは爪と噛み跡でボロボロです・・。
それなので最近は、ドアを閉めずに出かけるようにしています。けれど、たった1時間もしないうちに、中でいたずらするんです。今日も、帰ってきたら桃の口に白い物が・・・。なにかと思えば、なんと瞬間接着剤(!)。
確かに、桃の届く所に危険物を置いておいた私が悪いのはもっともなのですが・・・。どうも、小梅に影響されてか、椅子に乗らないと届かないテーブルの上の物にも口を出しているようです。 人がいるときはやりません。また、怒られるのもわかっているようです。
やはりストレスでしょうか・・・。留守にするような環境で犬を飼うことが間違っていると言われればそれまでですが・・・。
けれど以前テレビで、やはり留守中のいたずらがヒドイ犬がいて、それを改善する、というのをやっていたんです。どんな方法か忘れてしまいましたが、確かにいたずらをしなくなっていました。その犬も、根本の原因はストレスでした。
桃をうちに迎えようとしたきっかけは、父の転勤です。私と母と二人、しかも母は夜遅くまでパートにでてしまう、そんな中私を心配した母が「犬を飼う?」と提案したのです。昔から犬を飼いたかったので、私にはチャンスでした。 きっかけはともかく、桃は今私たちの大事な家族です。小梅もまた同じです。
彼女たちとよりよい生活を送るにはどうあるべきでしょうか。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。