獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200201-44

re遊びかた
投稿日 2002年1月22日(火)04時39分 はたの

獣医師ではありませんがご参考まで。

 どのぐらいの気性の激しさなのかなどわからないので採否はお任せしますが、「どちらかというと、イヌを安心させる=立てるもの」であるが、「真の対立でイヌが勝つようではない」というかんじで考えますと、たとえば、
 一緒に昼寝。イヌがヒトの体に顎など乗せても可。
 散歩に行って、イヌが掘りたがるネズミ穴などを一緒に掘る。
 毛布の下でヒトが手を動かして誘ってみる。
 ネコじゃらしの大きいようなもので、同様にじゃらす。鳥の羽が良。
 「ぶつかり稽古」つまり、ヒトのOKがある時に限って、わざと飛びつかせる。
 「手押し車」後足をヒトが持って何歩か進む。本気で怒りそうならやらない。むくれて噛むふり、甘噛みするぐらいなら、むしろ噛ませてじゃれあい。口の中に手を押し込むようにしたり、舌を握ったりすると困った顔をしたり。
 くすぐりっこ。
 寝ている時に足裏の毛をつついてみる。
 キス。イヌの舌をヒトが吸い込むようにすると困つた顔します。
 耳裏返し。
 イヌの吻をヒトがすっぽりくわえて息を吐くと、イヌの唇が震えてぶーと鳴って面白いものです。
 なにかイヌと遊ぶというよりイヌで遊ぶ、になってきてしまいましたが・・・。

 上下関係が確立しているなら、その逆転とイヌが誤解しないようにけじめはつけつつ、けれど、イヌ/オオカミの個体間でもみられるような、「遊びの中の上下の役割の逆転」を意識されると、イヌの被抑圧感がとれて仲良くなれるのではないかと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。