獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200202-10

まささんへ
投稿日 2002年2月5日(火)15時42分 パールちゃん

場所が「あご」だけに食べることに直結しますから、
ワンちゃんを見ていてつらいですね。
今の状態で決断をすることに悩まれるお気持ち、お察しします。
私なら、ということでお話させてください。

私なら、犬自身の生きる力にすべてをゆだねます。
犬自身がどうしたいのかに耳を傾けます。
ただひとつ言えるのは、私は安楽死という手段はけして選択しません。
なぜなら、動物は自分から命を絶つことはしないからです。
苦しくても痛くても、動物はじっと耐えて、すへてを自然のままにまかせます。
そこに動物としてのプライドがある。
私はそれを尊重してやりたいと常々考えています。

見ている飼い主はつらいです。
でも動物のほうがもっとつらい。なのに耐えている。
だから、見ているつらさに飼い主も耐えなければならないと思います。
それがいっしょに過ごした年月の最終ステージなのだと思います。

積極的な治療が望めなくなってしまった段階では、
動物も飼い主もともに耐えることがお互いの絆ではないでしょうか。
どちらもつらい、どちらも悲しい。
同じ気持ちを感じながらあるがままを受け入れる、、、
私ならそうします。

まささんを励ます具体的なアドバイスじゃなくてごめんなさい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。