獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200202-12

まささんへ
投稿日 2002年2月5日(火)22時13分 ジャック

まささんもワンちゃんも辛いと思います。
3年前私の愛犬が腎不全になりました。
獣医さんに連れて行ったのですが、一晩入院した後長く持ちませんと言われました。
延命としては点滴ぐらいしか無いと言われ、それなら自宅で死なせてやりたいと
思い、点滴のセットを貰って連れて帰りました。
自宅に帰って暫くすると、食事を摂らなくなり、水も飲まなくなりました。
私は点滴で延命したかったのですが、苦しみを延ばすだけということで
妻と話し合い、点滴はしないことにしました。
この時、安楽死の文字が頭をよぎりました。
それから、5日間は家の中に入れてやりずっと私の横で寝かせてやりました。
6日目の朝に、ちょっと側を離れた時、妻が、「愛犬が私を探している」と呼びに
来ました。走っていくとよろよろしながら私の腕の中に飛び込んで来ました。
それから大きな痙攣を5回して息を引きとりました。
延命をしなかったことは、良かったと思います。
ただ、安楽死については、飼主さんの判断だと思います。
私が幼い頃は犬は、放し飼いが殆んどで、その頃は野生の部分が残っていたと
言われていて、犬は死ぬ時期が近づくと、自分で死に場所を求めて居なくなりました。
15年程連れ添った愛犬も昔住んでいたところの近くの山に入っていきました。
犬の尊厳を考えると安楽死は回避すべきですが、犬の存在が人間の生活に
すごく近くなってきた今日、難しいところだと思います。
現在の犬は、死ぬときに飼主の側で死ぬことを求めているようです。
飼主との生活が密着していればいるほどその傾向が強いようです。
残りの時間を愛犬となるべく多く接してあげるのが一番大事なような気がします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。