獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200202-5

シアンさんへ
投稿日 2002年2月3日(日)22時13分 ジャック

捨てられようとしていたところを引き取られたあなたの愛護の精神はすばらしいと
思います。
さて、成犬で引き取ってから二ヵ月後に噛むようになったということですが、
二ヶ月の間は同じ事をしても噛まなかったのでしょうか?
もしそうであれば、犬と人間の立場が逆転していると思われます。
つまり犬がボスで人間が家来という形です。
捨てられようとしていたことで人間不信ということもあると思うのですが、
人間不信になっていても、犬の場合、ボスには逆らいません、ましてや噛むという
ことは殆んどありません。可哀想という気持ちが優しくなりすぎて犬の方が偉くな
りすぎたのかもしれません。
対処法としては、少しずつ改善する方法と多少スパルタ式にする方法があると思い
ます
少しずつするやり方は、シャンプーが嫌なら先ずタオルで拭くだけ、噛んだらいけ
ない物を噛んだら声だけで叱る方法等。
スパルタでするのでしたら噛んだときに自分の拳を犬の口の中に押し込みます。
もがいてもがいてするまでします。あと犬の喉に噛み付くこともよく効きます。
殴ることはあまり薦められませんがどうしても殴らなければならないことも有りま
す。飼主や人間に噛み付く事は絶対してはいけないことだと教えなければなりません。
もう一点、前の飼主の飼っていた状況が分かれば調べたほうが良いと思います。
シアンさんの場合、前の飼主の飼い方に問題があると思います。
原因を知ることが近道だと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。