獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200202-50

レス3つです
投稿日 2002年2月15日(金)20時45分 パールちゃん

Re:トイレの躾けについて
メイプルの母さんへ。
ご主人に叱られたのが原因かもしれませんね。
ご主人は「危ないから道の真ん中でしちゃいけない」のつもりで叱ったのに、
うんちやおしっこをすること自体がいけないのだと受け止めてしまったのでしょう。
だから、頭の中が混乱して、どうしていいかわからず、そして我慢ができずに、
トイレをはずしてしまっているんだと思います。
一日の生活の中で、朝起きたときなどに排泄する習慣がリズムとしてできあがっていると思いますので、
そのときにうまくトイレまで誘導し、そこでさせるようにしてみてください。
ちゃんとできたらたくさん誉めてあげて「そうだよ、ここがトイレだよね」と
もう一度教えてあげてください。
トイレ以外のところでしてしまってもけして叱らずに、何事もなかったように片付けてください。
飼い主がため息ひとつついただけでも犬は「あ、いけなかったんだ」と悟ってしまいます。
トイレのしつけは、失敗してもけして叱らず、ちゃんとできたら誉める、が基本です。
散歩中のトイレのしつけ、たとえば道の真ん中や、よそのおうちの門の前など、
してはいけない場所をわからせるには、
声を出して叱らずにグイッとりードを引いてやめさせればいいです。

Re:噛む仔犬
空さんへ。
噛み癖っていうのは、犬が理由もなく噛むことで、
3ヵ月の仔犬はちゃんと理由があって噛むのです。
それは遊びであり、信頼を寄せている表現です。
ガルガル怒っているように見えますが、嬉しくて楽しくてしかたがないのです。
仔犬を飼うということは毎日噛まれて傷だらけになるということです。
痛いし、血も出るし、手や服はボロボロになりますが、
その時期を経て犬は人間との関係を築いてオトナになっていきます。
たくさん噛ませて人間の手の優しさややわらかさ、ぬくもりを覚えさせてください。
主従関係の心配など無用です。
遊びの終了を決めるのは人間、おもちゃの取り合いの最終勝者は人間、
この2つだけを守れば自然と主は人間で自分は従だと理解しますよ。

Re:10ヶ月チワワくん
るんさんへ。
抱っこされるのがイヤでお子さんに噛みついたんですね。
抱っこされるのはうれしいことだと覚えさせるためには、
犬がいやがるときは無理にしないようにしながら、
人も犬もリラックスしながら教えてあげてくださいね。
ゴハンはドッグフードですか?
犬は基本的に丸呑みにできる大きさのものは噛まずに飲み込みます。
噛まないのを心配する必要はありませんよ。
食べ終わってけいれんみたいになったりガ二股みたいになったりするのは、
急にドーンと胃が重くなるからだと思います。
カリカリのドッグフードは水分を含むとふくらみます。
試しに1粒だけ水につけてみてください。3倍4倍の大きさになってビックリします。
チワワくんは体も小さいですから、一度にどっさり与えるのは消化器に負担になるかもしれませんね。
1回の規定量を10分〜15分休憩をはさんで二度に分けるなどして、
食後の様子を観察しながら調整してみてください。
1日の基準量はフードの袋に書いてあるのが目安で、
運動量の多い子はやや多目でもかまいませんが、人間と同じで腹八分がいいですね。
食べ終わっても食器を舐めているけど、しばらくして「ま、いいか」と離れる、
そんな感じが理想的な「ごちそうさま〜」だと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。