獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200408-131

reこうゆう場合は?
投稿日 2004年8月30日(月)23時16分 投稿者 はたの

言わずもがなではありますが・・・。
 「こうゆう」ではなく「こういう」ですし、「ゲージ」ではなく「ケージ」ないし「ケイジ」(cage)です。およそで恥をかかれませんよう。

 そういう説明をする向きがあるのか、イヌをケージに入れて飼えるものだとお考えのかたが最近多いようです。
 その考えは捨てられるほうがよろしいでしょう。
 ケージはある使い方では有効です。第一に、イヌの聖域として。つまり個室として。
 イヌがそこを好きになった後でなら、短時間(イヌが出たがるようにならない程度)、閉じ込めておくのにも使えます。
 ただし、あくまでも、室内にいるのが普段で、ケージ内にいるのは特別な短時間、です。

 子犬の場合、トイレを教えるのに楽だとか、掃除する範囲が狭くてすむとか、ヒトが楽をするため、その分のゆとりをイヌのための別のことに使うために、ケージないしサークルを用いるのは必ずしも悪くはありません。しかし、やはり緊急避難的なものです。

 ましてや、ケージを二つ置けない部屋であれば、全体をイヌが使用できるようにすべきです。そして、「足を伸ばして寝ることが出来る」専有スペースを2つ、用意しましょう。これは必ずしもイヌを閉じ込めることが出来る構造である必要はありません。また、できれば専有スペースつまりもう一頭のイヌが入らないのがラクですが、イヌたちが自治により共有と決めたのであれば、どちらか片方が極端にいじめられない限り介入の必要はありません。

 雄2匹、同年齢、体格は(キャラを勘案すれば)同等、となれば、いつか必ず争いが起きます。うまく折り合いがつけば、上下関係が平和のうちに維持されます。しかしそのためには、ある程度のスペースは必要です。喧嘩の直後にお互いに顔をあわせずにすむぐらいは。

 今あるケージは撤去し、イヌにかじられたりしっこを引っ掛けられたりしたら困るモノのほうを片付けます。粗相したら拭けばよろしい。じゅうたんは剥がすのがお勧め。イヌを飼うというのは、しょっちゅう下の始末をするということですから。
 その上で、ドッグベットなりを2つ設置して、部屋を開放するのがお勧めです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。