獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200612-31

re: わんちゃんの存在
投稿日 2006年11月20日(月)15時25分 投稿者 プロキオン

先年、あるデパートへ行ったところ、世界の犬猫展のような企画がありまして、そこで
は来場者の中でも希望者に子犬子猫を抱かせてくれるということを実施していました。
希望者は、一列に並ばされていて、手や腕を消毒スプレーをかけられていましたよ。

野良犬や野良猫でなければ、彼らに細菌やウイルス等の病原体を持ち込んでくるのは、
飼い主であるという確率が最も高くなります。
どこでも自由に出入りし、何にでも触れる機会がある人間こそが、注意が必要です。
これは何も動物のことを考えなくても、人間自身が人ごみから風邪を連れて帰らない
ようにということがでも理解できます。

動物が汚れていると思い込んでいる方は、動物と触れ合った経験に乏しいのか、そう
いう動物しか目にしてこなかったのでしょう。むろん、無菌動物ではありませんから
常在菌のような細菌は存在していますが、その点は人間もいっしょです。
人間だけがきれいな存在と思っている考え方では、いつか落とし穴におちるような気
がしまけどね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。